上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しばらく更新しておりませんでした。
本当に申し訳ございません・・

今年の夏に網地島へ行ってきました。船着き場も白浜海水浴場の真横に移動となり少しずつですが復興が進んでいるように思えました。

DSC_0318.jpg

DSC_0322.jpg

被災した住宅は解体され、草で生い茂ったままです

DSC_0323.jpg

いつでも漁が再開できるように残された漁具が準備されています

DSC_0325.jpg

山へ通じる階段も壊れたままのためとても危険です。どこの階段も工事は進んでないようです

DSC_0337.jpg

海水浴場は観光客の方でにぎわっておりました

DSC_0332.jpg







スポンサーサイト
2013.01.23 謹賀新年

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

東日本大震災からもうすぐ二年が経とうとしています。早いもので三回忌を

迎えます。二月の下旬に法要と春分の日に合わせお墓の移動、建墓式を営む

予定です。年末から、何かとあわただしい日々でございました。

住居については、2月位から復興公営住宅(災害公営住宅)への入居募集が

開始するということで、現在はアンケート調査(移転場所の希望、部屋数、家賃等)

を2度ほど行い、行政からの報告待ちの段階まで進みました。ただし河川堤防や

高盛り土道路 の地権者を優先とのことでしたので入居まで数年かかるようです。


この震災後におもうことは、一年があっと間に感じることです。年間を通し漁師を

やっていたので、生きがいというか張り合いがあったのでしょう。

仕事ができるということは私にとっても誇りでした。


2013年、先の見通しがまだわからないままではありますが希望を胸に歩んでまいり

たいと思います。本年もよろしくご指導くださいますようお願い申し上げます。


石巻網地島復興うにプロジェクト
http://ajishima-osakana.com/





しばらく更新を休止してしまい誠に申し訳ございませんでした。

本日は、その後の状況についての報告をさせていただきます。


震災直後から、沢山の方から御支援をいただき本当にありがとうございます。

みなさまからの応援メッセージいつも励みになり感謝の気持ちでいっぱいです。

尚、オーナー様への証書につきましては、先日完成しましたので、順次郵送にて

送らせていただきます。作業時間が遅れてしまい重ねてお詫び申し上げます。



現在においては残念ながら何も進展していない状況でございます。まずは石巻地区の

漁協、市場の安定が最優先とされており、また牡鹿地区にある鮎川港が復旧しなければ

あじ島の復興、復旧もはじまりません。漁協の再開もいまだなし。


今後、石巻市では港を盛土し大きな高さの堤防、橋がつくられる予定です。また

沿岸部では大規模な道路工事も開始するそうです、まずは住民が安心して暮らせることが

大事で、そして生活していく家も確保しなければいけません。復興住宅完成予定は

平成27年ですのでまだ数年先となり、しばらくは仮設住宅での生活が続きます。


「行政の動きを待っているばかりではいつまで立っても前に進めない」

奥田さんはおっしゃっておりました。「地元に漁協がなくとも来年には船を買う」


震災後、定期的に船舶販売業者さんと連絡を取り合っているのですが大きな漁船が

優先とのことでしばらく待たされていると言っていました。船のことを思うだけで

気持ちが晴れる。やっぱり海を愛してるのでしょう・・


また私生活においては、これまで島にあった先祖の墓石も倒れたままにしていたそうですが

新しい墓地と墓石を購入し、来春に納骨できる準備をはじめました。

家族3名はいまだ行方不明のため、歯型を調べるため生前に通っていた歯科の確認を

とっているそうです。門脇地区の捜査も開始してもらえると安心すると話してました。


地元石巻では、いまだ建物の解体作業が継続されています。

被災地では生活を守るため必死でいます。



不定期ではございますが、随時報告をさせていただきます。


深謝


















石巻より船で約一時間半あまり。




いよいよ網地島に到着です。




DSC_7686.jpg



船着場には土嚢が積まれておりました。



高潮対策なのでしょうか。



海辺近辺の家屋はめちゃくちゃに崩れていました。




島のため、山の上にある家は残りましたが、




地盤沈下が進み、地形が変化したそうです。




いまもなお、崖が崩れ落ちこのまま島に残れるのか




心配されてます。




DSC_7879.jpg




木造建てや石つくりの家は、なぜかひどく流され



ていないのです。



こちらは、島の住民に愛された商店でした。


DSC_7804.jpg



奥田さんの住んでいた家です。



居間があった場所。




DSC_7832.jpg



漁具などの倉庫です。


DSC_7829.jpg



言葉がでません・・



DSC_7799.jpg







満潮時には家のそばまで海水が流れてきます。


DSC_7953.jpg




家屋の解体が2日後に決まりました。


今日は最後の片付けです。



石巻網地島(あじしま)うにオーナー制度
2011.10.06 網地島へ・・

網地島の現状を知りたいという


お話をいただきました。



一部ですがご紹介たいと思います。




島への船乗り場も大きな被害を受け、


釜港にある石巻埠頭サイロ前にて


出発!


t02200165_0640048011461492077.jpg





船名は『マーメード』


可愛い人魚姫の漫画も人気です。



t02200165_0640048011461499897.jpg





週末になると船内も人で賑わいます。


他県からの方も多くみられます。


t02200165_0640048011461502828.jpg





この船で田代島へも行けるんですよ。


t02200146_0800053211461507269.jpg





沖を離れるときの思いは・・


なんともいえないドキドキ感。


何十年乗っても変わらないのは不思議。



一時間あまり波に揺られ、遠くに島が見えてきます。



t02200146_0800053211461513463.jpg





先に田代島へ到着。


船舶が数隻とうしろに見えるのは瓦礫の山です。


t02200146_0800053211461516391.jpg





田代島には100人あまりの方が生活されて


いるそうです。猫に会いたいな・・


t02200146_0800053211461519518.jpg





次に向かう島は、網地島。


田代島から10分くらいで到着です。


t02200146_0800053211461522625.jpg





いよいよたどり着きました。


石巻より約一時間半かかるため、船酔いされる


方もいらっしゃいます。そんなときは、船内で


ひたすら睡眠です。




潮の香りはやっぱり好き。


心が癒されます。





全部書ききれないので、


続きはまた後ほど・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。